2017/06/08

6月1日、北京で2度目の開催となるDemo DayにOrange Fab Asiaのスタートアップが参加しました。7社がOrange Fab Asiaからの参加で、4社が韓国のイノベーションセンター、そしてチャイナユニコム推薦のスタートアップでした。Z-Innowayのサポートのもと、Orange Sourcing Consulting (OSC) Beijingによって運営されたこのイベントは、InnoWay BeijingのNo. 6 Buildingで開催されました。ピッチをしたスタートアップは以下の11社になります。

Startups

  • MoBagel: cloud platform to empower enterprises to collect IoT data for their business and services development
  • Nain: solution to support the communication with the team while on the go
  • PAIX: connected smart bag
  • Virscope: 3D VR content platform to support generating VR content and to help enterprises manage their VR e-commerce business
  • Mofily: 4K 360⁰ camera built in with AI features
  • Tilt Code: advanced interactive advertisement solutions
  • Yimai: big data mining of mobile network that helps operators to improve users experiences
  • Moimsoft: skin-care service platform to provide the end to end solutions and data analysis
  • Neosecu: high-tech face recognition technology and applications for enterprise and government customers
  • Ultrahope: turn-key virtual classroom solutions for enterprises
  • Airbroad: advanced video streaming player to resolve video buffering problems

ピッチセッションの後、11社のスタートアップによる展示の時間となり、60人を超える参加者がブースに訪れました。引き続いて懇親会も開催されました。

当日の午後には、Orange Fab Asiaのスタートアップは、36 Kr, Tsinghua SEM & X-elerator, Cheku Café, そして、Zhongguan InnoWayにも訪問しました。これらOrange Fabのパートナーは、Orange Fab Asiaのスタートアップが北京のスタートアップエコシステムを理解するのを助け、将来の北京への進出を支援してくれるでしょう。