2015/04/11
Orange Japan/Korea/Taiwanによって運営されるスタートアップアクセラレータプログラムOrange Fab Asiaは4月8日に新北市が運営するインキュベーションセンターのInnoSquareでInnovation Demo Dayを開催しました。Orange Fab Asia Fall2014シーズンの台北、ソウル、東京のプログラムに参加した11社に加え、InnoSquare Accelerator Programに参加する2社と台北のスタートアップ1社が、それぞれの製品、サービスの紹介をしました。 参加スタートアップ(14社) Orange Fab Asia (Taipei, Seoul, Tokyo): Ambedded Technology, PAFERS, Qlync, SunValue, Viscovery, Call Gate, Haeden Bridge, MusicShake, Euclid Labs, Eyes Japan, Mobilous InnoSquare Accelerator Center: FindDog, VesCir Local startup: Arsenz また、このイベントで、台北での第2期となるSpring 2015シーズンに参加する下記の5社を紹介しました。 Absolute Tech: 3G/Wi-Fiシグナル増幅ソリューション docceo: ホテル向け次世代ソリューション jrsys International: モバイルQRコードペイメント PowerWow Tech: ワイヤレス給電ソリューション Staging Design: Virtual 室内装飾ARテクノロジー 上記5社と、すでに発表されているソウル、東京で参加する下記の10社の計15社がOrange Fab Asia Spring 2015 season に参加することになりました。これからの3ヶ月間に豊富な経験を持つ起業家やベンチャーキャピタリストによるメンターセッションや、協業検討のためのOrange及びグローバル企業のパートナーとのミーティングに参加していただきます。 ソウル Dot : 点字スマートウォッチ Frasen : スリープマスクと睡眠改善サービス MtoV : ビッグデータによるスマートドライビングサービス Neofect : スマートリハビリテーションシステム Pied-Piper : スマートミニガーデン 東京 Aquabit Spirals: モノや場所とネットをつなぐIoT情報配信プラットフォーム Capy: 法人向け不正ログイン対策ソリューション Fuller: 端末管理アプリ&モバイルアプリ利用動向調査サービス Nain: スマートウォッチによるステータス共有コミュニケーションサービス Scentee: 香りをテーマにコミュニケーションと文化を提示するテクノロジーデザインラボ