5G Challenge Final Pitch Competition を7月15日に開催

Orange Fab Asiaは、5G Challenge Final Pitch Competitionをオンラインイベントとして7月15日に開催しました。5Gネットワークを活用して、社会、経済をよりよくするためのイノベーションを開発、提供するアジアのスタートアップをターゲットとして1月にこのチャレンジへの募集を開始しました。1か月弱で寄せられた76のアプリケーションを、グローバルに展開するOrangeの関連部門からのフィードバックも参考にし、それぞれのサービスの可能性を詳細に検討しました。その結果、ファイナリストして選抜された9社のスタートアップがこのイベントに参加しました。

Finalist startups

  1. 3i 3D intelligence platform for facility management
  2. Cloudzen Cloud streaming game platform
  3. Holoeyes VR-based visualization and communication service for surgeons and hospitals
  4. MAXST Intuitive AR authoring tool for remote collaboration and others
  5. Minkonet 3D Replay total solution for Sports/eSports/Cultural contents
  6. PicoCELA High-powered and field proven wireless backhaul technology
  7. Safeware Wearable airbag for industrial workers detecting fall down
  8. Seadronix AI-vision analysis based smart berthing solution for vessels
  9. Texel Video experience as a service platform scale to any device

それぞれ異な5カ国の通信事業者から、5Gの普及、促進に関わっている審査員をお招きしました。

  • Jiyong Lee, Director, Strategic Partnership, SK Telecom (South Korea)
  • Barry Chen, Director, APT 5G Accelerator, Asia Pacific Telecom Group (Taiwan)
  • Masahito Saito, Manager, Global Business Division, Softbank (Japan)
  • Linda Foo, Director, Innovation & Partnerships, Singtel Innov8 (Singapore)
  • Francois Jezequel, Business development, Orange Fab France, Orange (France)

9社のスタートアップが3分のピッチの後、審査員とのQ&Aを行いました。すべてのスタートアップのピッチの後、審査員の採点により入賞チームが下記のように発表されました。
Winners and awards

  • 1st Prize: PicoCELA (5,000 USD)
  • 2nd Prize: Holoeyes (3,000 USD)
  • 3rd Prize: Texel (2,000 USD)

100人以上の方に、この1時間半のイベントをご覧いただきました。