2018/07/16

Orange Fab Asiaはアジアの3か国で3か月間のプログラムを運営していますが、その3か国とは違った形で他のアジア諸国にも展開していこうとしています。過去3年間で4回のピッチコンペティションを開催したシンガポールに続き、オーストラリアでは初めてとなるピッチコンペティションをシドニーでInnovation Dojoと共同で開催しました。Innovation Dojoはオーストラリアと日本、アジアの学生、起業家とワールドクラスのメンターや事業機会をつなぐプログラム、プラットフォームとコミュニティを運営しています。

Innovation Dojo CEOのJoshua Flanneryの挨拶からイベントが始まり、書類選考を通過した11社が70名以上のゲストにピッチをしました。ピッチの後、JETROのプレゼンテーションが行われている間に、Orange Fab AsiaとInnovation Dojoは優勝者を選考しました。そして、今回の会場を提供していただいたPwCのPartner、Jason Hayesが優勝チームを発表しました。優勝チームは11月に東京で開催されるOrange Fab Asia Demo Dayに招待されます。その後、軽食と飲み物が提供され、参加者はネットワーキングを楽しみました。

Winner: Tiliter, automatic product identification at the supermarket checkout

他の10社の参加チームは下記のとおりです。

  • V-KAIWA, Immersive Natural Language Learning
  • Forcite, Helmets that see things before they happen
  • KADA, Knowledge sharing and collaboration software for Data Analytics teams
  • LENS Immersive, Multi dimensional access to 4K+, video and 3D data, anywhere, anytime
  • Arludo, Education applications for mobile devices that turn teachers into science experts and students into practicing scientists

  • Dotd, Making Compliance Small for SMEs and Startups
  • Stirling Labs, Designers, engineers, management & trades to meaningfully collaborate
  • Tekuma, One-handed six-degrees-of-freedom tactile control for drones, robots & other devices
  • StatusZero, A skills measurement system which tracks peoples’ capabilities on a common scale
  • Chironix, Leveraging human-robot synergies to enhance capability