2017/05/31

Orange Fab Asiaが東京で7回目となるSpring 2017シーズンのDemo Dayを開催しました。東京、ソウル、台北のプログラムに参加する17社と、G-CCEIから1社、5月5日に開催されたシンガポールでのピッチコンペティションを勝ち抜いた3社が参加し、ピッチとブースての展示を行いました。

Startups

  • Orange Fab Tokyo: Chikaku, Future Standard, Hatapro, primsesap, Zest
  • Orange Fab Seoul: Airbroad, analogue plus, DoubleMe, L Fin, TransBox
  • Orange Fab Taipei: BD Mobile, BotPartner, Brain Rhythm, FUNTEK, MOFILY, Singularity Infinity, Virscope
  • G-CCEI: 2MEU
  • Singapore Pitch Competition: PolicyPal, SoCash, XRVision

21社のピッチの後、Orange JapanのCEOであるJean Michel Serreが、6月15日から17日にかけてパリで開催される大規模なテックイベント、Viva Technologyの紹介をしました。

Viva Technologyのプレゼンテーションに続き、オーディエンスの投票により選ばれたDemo Dayの優勝者が発表されました。

Spring 2017 Season Tokyo Demo Day Winner: PolicyPal

PolicyPalは人工知能を活用し、保険を簡単にデジタル化するサービスを提供します。AIチャットボットにより保険を管理、最適化し、パーソナライズされた保険を提案することにより新しい補償をどこからでも手に入れることが可能となります。

ピッチセッションが終わると、21社のブースに大勢のオーディエンスが訪れました。またカクテルパーティにも多くの参加者がありました。