4DReplay

Immersive videos by Time slice video shooting and delivering

4DREPLAYは没入度の高い超高繊細ビデオ、たとえば、スポーツイベント、ドラマ、コマーシャルなどの放送を世界中の視聴者にすぐに提供できます。シーンを撮影した後、ただちに撮影されたビデオの空間と時間のフレームを再構築することで高解像度の時間ごとにスライスしたビデオを生成します。そして、放送やモバイル配信の形でビデオコンテンツプロバイダーに影響します。4DReplayは2015年から韓国で放送局とプロ野球チームに年間契約でサービス提供をしています。また、米メジャーリーグのサンフランシスコジャイアンツと2017年6月に、そして日本ハムファイターズと2017年8月に実証実験を実施しています。野球だけでなく、バスケットボール、サッカー、バレーボール、ゴルフなど、その他の様々なスポーツイベントにもこの技術を提供しています。さらに、ドラマやコマーシャル、ドキュメンタリー、プロモーションイベントなどでも利用されています。