ABEJA

ディープラーニング技術を活用した産業構造変革のサポート

ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術は、すべて自社で開発しています。現在は、小売・流通業界を中心にサービスを展開し、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社ゲオ、株式会社ジュンなど、国内大手小売企業を対象に70社、約300店舗以上への導入実績があります。また、2016年6月には、ダイキン工業株式会社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターと、ディープラーニングを活用した協業を開始し、製造業界にも進出しています。

Key success

  • Decoded Fashion Tokyo Summit 2015にて、ブロンズアワードを受賞(2015年7月9日)
  • InnovFest Unbound Singapore 2015 で150以上の応募者の中から8社のファイナリストとして選出(2015年4月29日)
  • ドコモベンチャーズ、さくらインターネット他から資金調達(2014年7月)、セールスフォースドットコムから資金調達(2015年12月)