Liquid

Biometric authentication system

2013年12月、それまで2年ほど掛けて生体認証分野を研究し、最も普及可能性のある指紋を活用した決済ソリューションを生み出したいと考え、設立されました.その後、各社との共同研究等を通して、生体認証領域を静脈、顔認証と広げ、対象サービスも決済からマーケティング支援まで広がり、現在のサービス形態を創り上げて来ました。 現在は、今までの生体認証を活用した本人確認の問題点であった認証スピードの迅速化を研究し、大幅に照合時間を短縮することに成功し、一般普及できる生体認証検索エンジン「Liquid」を生み出し、それらを中心に事業を運営しております.(特許申請済)